スキンケアには重要な洗顔石鹸

Posted by in 未分類

若い時には、肌がたるんだり、毛穴が目立ったりするなんて、考えもしませんでしたが、今の自分の肌を見ると、あーもう少し、丁寧にスキンケアをしていれば」、今だってもっときれいでいたかもしれない。
なんて思う日が結構あります。
現在は少しでも肌の老化を食い止めたい一心で、日々のお手入れには気を使っているつもりです。

特に、洗顔石鹸選びには、使用目的に合わせて3種類に分けています。
私の方法が正しいかはわかりませんが、自分で納得しているので、このまま続けて行こうと考えています。
その種類ですが…
朝起きたとき、汗と脂ぎった感じをすっきりさせるために、メンズ用の、スクラブの入ったもので顔を洗います。
洗顔後はタオルドライをしますが、この時注意していることは、顔を拭くとゆうよりは、タオルに水分を吸い取ってもらう感じにします。
なので、顔にタオルを当ててる感じです。

肌に負担がかかっていないので、すべすべしてます。
化粧水をすぐに付けた方がいいようなことも聞きますが、私は、肌が自然に潤いを保てるようにとゆう考えから、甘やかさずに、しばらくたってから、手のひらに少し付けて、顔を手のひらでパックするように3分位包み込みます。
これでかなり、しっとりします。

メイク落としにはオリーブオイルの成分が入ったもので、オイルタイプです。

二度荒い不要の洗顔にしています。
これは、洗いすぎて、肌に負担をかけたくないのと、経済的にもいいのでそうしています。
もう一つは、とっておきの、火山灰が入った洗顔石鹸です。

特別なイベントがあるときなどに使います。

Read More

洗顔石鹸はスキンケアに必要不可欠!

Posted by in 未分類

10代の頃は、それほど洗顔石鹸に対して重要視してはいませんでした。
朝の洗顔は水だけでばしゃばしゃっとやって済ませていましたし、夜はクレンジングでメイクを落として、とくに洗顔石鹸を使う事もなかったんです。


でも20代になり、10代の頃と同じようなスキンケアではいけないな・・・と思い始めたのです。

一度吹き出物が出ると、なかなか治らなかったり、ちょっと睡眠時間が短いと次の日目の下のクマが目立ったりという現実があったからです。

そこで、雑誌やインターネットでスキンケアいついていろいろ調べることにしました。
そこで知ったのは、洗顔石鹸がかなり大切だということ。
スキンケアをするうえで欠かせないものだということでした。

ドラッグストアに行ってみると、かなりの種類の洗顔石鹸が陳列されていましたが、私が商品を選ぶ際に気を付けたのが、成分と価格でした。
成分に香料や添加物が入っていないもの、なおかつ高額すぎずにずっと使い続けることが出来るお手軽価格であるものを探したのです。

敏感肌なので、シンプルな洗顔石鹸がとてもよく肌に合いました。
価格も1000円未満のものを購入して、3か月近く使えたので経済的にも良いと思いました。
おかげさまで肌の調子はつるんとして良い感じです。

朝洗顔石鹸を使うようになり、寝ている間にかいた汗のべたつきや皮脂もさっぱり落ち、化粧水の浸透力もアップしたと思います。
夜もクレンジングのあとに洗顔石鹸を使うことにより、肌のキメが整うような気がします。
自分に合う洗顔石鹸でワンランク上のお肌を目指せるなんてステキですよね!

Read More

おすすめスキンケアと洗顔石鹸

Posted by in 未分類

普通の肌の人はスキンケアと洗顔石鹸にどのブランドのを使っても問題ないと思います。
ただ、敏感肌や肌がかぶれやすいなどの人は新しい商品を試したくてもあわなかったらどうしよう?と躊躇してしまいますよね。
私がそうでした。
季節の変わりめには肌が痒くなり髪の毛が顔に少しでも触れただけでもブツブツが出来たり散々でした。

しかし偶然に街頭で配布されていたDHCのサンプル、友人に勧められたクリニークの洗顔石鹸によって顔がツルツルになってきました。
DHCはマイルドソープ、クリニークは敏感肌用の洗顔石鹸があります。
どちらも顔を洗ってからもヒリヒリせずツッパリもなく肌ストレスがなくずっと使用し続けています。
マイルドソープは
夏なら気になる毛穴の汚れも綺麗になる気がしますし、冬に使用すると乾燥も落ち着いてきます。
クリニークの洗顔石鹸は、季節の変わり目のお肌にとても有効です。

もちろん普段使いもいいかと思います。
私が使用しているのは敏感肌用タイプですがその他にも普通肌タイプから少し油っぽい肌が気になる人タイプの人用のもあります。
泡が肌を優しく洗い上げてくれるのでツッパリ感もなくそれでいてスベスベになり、使用し続けていくとどんどんお肌も綺麗になってくるのでお勧めですよ。
洗顔石鹸自体が大きめなので一度買うとしばらくはもち、お得感もあるのがいいかなと思います。
不安な方は、洗顔石鹸や化粧水などが入ったポーチ付きキットも時々出ていますので試してみて下さいね。
以上、私のおすすめスキンケアと洗顔石鹸でした。

Read More

スキンケアに大切な洗顔石鹸

Posted by in 未分類

スキンケアに大切なのは、洗顔ですよね。
洗顔で、きちんと汚れを落とし、それから、化粧水等の潤いや栄養を補給すると、肌への浸透性も高まりますものね。
私は、洗顔をする際、固形の洗顔石鹸を使うという事にこだわっています。
固形の洗顔石鹸は、肌の汚れをきちんと落としますが、必要な皮脂をとり過ぎないと言われていますよね。
私は、この固形石鹸の中でも、ハーブで作られた手作りの固形石鹸を使っています。
この石鹸は、友人が作っているのですが、その時の、肌の状態、季節にあわせて、ハーブの配合を変えてくれるんです。

夏には、きちんと汚れを落とし、かつ美白効果のあるハーブを使った石鹸を作ってくれて、冬場には、肌に潤いを保ちつつ、透明感を与えるハーブの石鹸を作ってくれるんです。


このハーブの石鹸を使いはじめてから、スキンケアの仕方も、ずいぶん変わってきました。
基本的に、この石鹸できちんと洗うだけで、肌の状態がよくなるので、過剰に化粧品を使わなくても良いんですよね。
それまで使っていた美容液やクリーム等も不要になりました。
洗顔をするだけで、しっとりと潤うんですよね。
基本的には、化粧水をたっぷりと与えるだけで充分なんです。

この石鹸を使うことで、洗顔がいかに大切かということを知りました。
これからも、季節にあわせてこの洗顔石鹸を使い、いつまでも透明で潤いのある肌でいたいと思っています。
やはり肌がきれいな女性は、魅力的ですものね。
魅力的な女性になれるよう、きちんとした洗顔を心がけたいと思っています。

Read More

スキンケアは洗顔石鹸を選ぶことに一番気をつけています

Posted by in 未分類

スキンケアは肌に合う石けんを選ぶことを一番に気をつけています。
私には石けんが一番肌に合っています。
成分を見ても余計なものが入っていない石けんが一番肌に優しいと考えています。
クリームタイプの洗顔剤はどれを使っても汚れが落ちない感じと、肌が乾燥するのか後で痒くなります。
粉のものは汚れ落ちの良いものが多いと感じますが、汚れを落とし過ぎるのかひりひりと赤くなるものが多いです。

石けんが一番安心できます。
石鹸の場合は刺激があっても深刻な肌荒れにまでなったことがありません。
合わないものを使っても、刺激がないけれど汚れ落ちが悪い場合か、刺激があったとしても軽くひりひりする程度で使用をやめるとすぐに直るかです。


選ぶ時には、特に香りの強いものなどは避けますが、大抵は試しに使ってみて大丈夫です。

お風呂や洗面所が良い香りになるのが楽しいので、強すぎない優しい香りのものがベストです。

試すことはいろいろしますが、長く使う洗顔石けんは慎重に決めます。
肌荒れが化粧水を変えたりしてみても治らず、原因が洗顔石鹸だったことがあります。
はっきりした刺激がないために気づかずに長く使っていたことが原因だったようです。

肌荒れまでにはならなくても、しばらく使ううちに肌色が暗くなるものや赤みや色むらが出てくるものもあります。
それでも、他の洗顔剤よりはずっと刺激が少ないと感じます。
石鹸以外の洗顔剤が合わない時には目の周りが腫れたり、湿疹が出たりかなりひどい状態になったことがあるからです。

Read More

肌の成長は焦らずゆっくりと

Posted by in 未分類

肌の成長は焦らずに、ゆっくりと見守っていきましょう。
肌細胞とは、目に見えない非常にちいさなものです。
スキンケアしてすぐに実感できるものでもありません。

たとえば、肌を傷めすぎていいて、刺激の強いものを使うことをやめたときに、肌がざらざらしてきたり、小さなぶつぶつができたり、角栓が目立ったりすることがあるかもしれません。
しかしそれも一時のものだとおもって、じっと堪え忍んでみましょう。
それをさわってしまっては、また同じ肌トラブルを繰り返してしまうことになります。
角栓も角質も、自然にはがれ落ちることが本来のサイクルの形なのです。
時には不快におもうこともあるかもしれません。
肌の生まれ変わりのサイクル、ターンオーバーと呼ばれるものが肌にはありますので、焦ってもすぐにキレイになれるものでもありません。

肌によいものをつかい、美容に良い食べ物を食べることを心がけ、肌の成長、代謝を邪魔しないように気をつけ、ゆっくりと見守っていきましょう。
ゆったりとした心を持つことが、美肌作りに一番大切といえるかもしれませんね。

Read More

万能成分ビタミンC

Posted by in 未分類

メラニン色素の生成を抑え、メラニン色素を淡色化させる効果のあるビタミンCですが、ビタミンCの効果は美白だけにはとどまりません。

ビタミンCは真皮細胞の綿維芽細胞の働きを手助けます。
綿維芽細胞はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成をするため、ビタミンCがこの働きを助けることで肌にもハリやうるおいが出てきます。
また、強い抗酸化作用をもち、肌が酸化し傷つけられることも防いでくれます。

ビタミンCは肌に良いとされていますが、大変壊れやすい成分でもあります。
そのために肌に浸透しにくく、効果はあまりみられませんでした。
しかし、ビタミンCの分子に少し手をくわえたビタミンC誘導体と呼ばれる成分が登場し、壊れにくく、浸透しやすくなりました。
現在では高濃度のまま安定化された高濃度安定化ビタミンCというものも普及されてきています。

ビタミンCを効率的に肌に浸透させる方法として、イオン導入があります。
ビタミンC誘導体のマイナスイオンの性質を利用し、イオン導入器で肌の奥まで浸透させることで、通常道理スキンケアをしたときの30倍以上の効果があると言われています。
しかしイオン導入にも使用できる時間に限りがあるので、自分にあった方法でスキンケアを行うように心がけてください。

Read More